眼と眼鏡(実例)【80代男性 白内障手術後の眼鏡】 

強度近視の人に適用することが多い、白内障の手術は「近方合わせ」に。

手術前、
裸眼視力は0.03、「-7.00Dの強度の近眼」。
文字を見る時は、裸眼では13 ~ 14cmまで顔を近づけるため、-4.50Dの老眼鏡をかけて、手元の丁度良い距離で新聞を読んでいました。

手術後、
以前よりも生活がしやすいように10倍の裸眼視力になり、「0.3」が見える「-2.25Dの弱度の近眼」になり、40cmで丁度良く新聞が読める眼に変わりました。老眼鏡が不要です。さらに、「0.3」あれば家の中は見えるので眼鏡を使うのは、外に出る時だけです。しかも今までよりも軽い度数の眼鏡になりますからレンズの厚さもかなり薄くなります。

このように手術後は、近い距離が自分の眼で見やすいように人口水晶体の度数で調整して、住居内と手元の文字を眼鏡なしで見えるようにする方法を「近方合わせ」と言います。大人になる過程で進行した強い近視が、眼鏡をかけ始めた頃の弱い近視になるのです。

DSC_0040 DSC_0040
眼に入る光の焦点結像
身の周りは裸眼で見えます。
DSC_0040
【作製眼鏡】遠用眼鏡
 

眼と眼鏡(実例)【70代女性 白内障手術後の眼鏡】 

自営業をされており、奥様は室内での仕事。細かい文字を見る時だけ老眼鏡を使って、室内は裸眼でちょうど合う。という眼になるよう、「手術は中間合わせ」に。

中間合わせと言うとわかりずらくなってしまいますが、弱い近眼にすることです。これも人口水晶体の度数調整にて行います。

「弱い近眼にする。」というのは、「ぎりぎり免許の更新が通るくらいの視力の眼にする。」ということです。その結果、「完全な遠方」「極端に小さい文字」を見る以外は眼鏡の出番がなく、家の中は裸眼でピントが合います。そして、弱い近視がありますから、大きめの文字なら裸眼で読めます。

【術後、 眼の度数】
【右】sph-1.00D
【左】sph-0.75D cyl-1.25 Ax15°

※sph-〇〇D(近視) ※cyl-〇〇D(乱視)  ※Ax〇〇°(乱視の軸度)

このように弱い近視と乱視がある場合、裸眼での手元の細かい文字は見にくいですが大きめの文字は見えます。小さい文字を読むために老眼鏡は持っていなければなりません。
遠方視力が0.6程度にしてありますから、外出用などのために必要に応じて1.0の視力が出る
【右】sph-1.00D
【左】sph-0.75D cyl-1.25 Ax15°
この眼鏡もあると良いでしょう。

DSC_0040 DSC_0040
眼に入る光の焦点結像
裸眼と老眼鏡での見える文字
DSC_0040 DSC_0040
【作製眼鏡】近用眼鏡
必要であれば遠用も

眼と眼鏡(実例)【80代女性 白内障手術後の眼鏡】 

昔は視力が良好だった人も、遠視や乱視の介入によって遠方視力に影響が出てくると、老眼鏡以外に生まれて初めて普段歩くための眼鏡を使うようになります。
その数十年後に白内障の手術を受けるようになります。白内障の手術を行う年齢は、70代80代に最も多く集中します。

元々視力が良かった眼の場合、手術後は良好な視力であった過去の状態に戻す「遠方合わせ」という方法をとることが一般的です。

遠方合わせとは、
老化に伴って介入し、視力を低下させた原因でもある「遠視」を人口水晶体の度数で調整し、軽減させてあげる方法です。歳をとってから入ってきた遠視が無くなれば、遠視が無かった若い頃の眼に戻りますね?

眼内レンズ(人口水晶体)を入れて遠視が減れば、視力も上がるのです。

【右術前遠視】sph+2.25D → 【右術後遠視】sph+0.75D
【左術前遠視】sph+2.75D → 【左術後遠視】sph+0.75D

老眼の度も軽くなります。

【右術前老眼】sph+5.00D → 【右術後老眼】sph+3.75D
【左術前老眼】sph+5.50D → 【左術後老眼】sph+3.75D

術後、【sph+0.75D】この程度の軽い遠視が残ったくらいなら裸眼視力は良好なので、遠用眼鏡はいらず裸眼で過ごせるので老眼鏡一つで済むのです。

※以前から遠近両用眼鏡を使っている人は、手術後も遠近両用の方が勝手が変わらないので便利という人も多数。老眼を入れた遠近にする等、ご本人の使いやすいようにした方がいいです。

DSC_0040 DSC_0040
眼に入る光の焦点結像
【作製眼鏡】近用眼鏡

乱視

人間の眼には「角膜」と「水晶体」というレンズの役割を果たしている部分が2カ所あり、「角膜乱視」と「水晶体乱視」という2つの乱視を持っています。眼鏡で矯正できる乱視を「正乱視」、外傷等による角膜表面が不整な形状で眼鏡で矯正できない乱視を「不正乱視」といいます。

DSC_0040
乱視がない角膜は縦・横のカーブが均一で、光がどの部分を通過しようと同じ位置に焦点を結びますが、乱視の角膜は「縦のカーブと横のカーブの曲がり具合に差がある」ので、縦を通過した光と横を通過した光が同じ場所で焦点を結ばず、二ヶ所の焦点が現れます。そのために物が二重に見えたりします。

一般には、乱視というと「角膜乱視」の事を言い、角膜乱視とは角膜の縦・横・斜めのカーブが均一ではありません。その様子は視力検査で用いる乱視表で、直乱視(ちょくらんし)・倒乱視(とうらんし)・斜乱視(しゃらんし)というようにあらわされます。

乱視の角膜形状と、乱視表の見え方です。
DSC_0040
乱視がない角膜「縦横均一カーブ」
DSC_0040
横方向のカーブがきつい直乱視(ちょくらんし)の角膜
DSC_0040
縦方向のカーブがきつい倒乱視(とうらんし)の角膜
DSC_0040
斜め方向のカーブがきつい斜乱視(しゃらんし)の角膜



リンクページは、パソコンでの閲覧が見やすいです。


コンタクトレンズを使用している方へ

●コンタクトレンズは、「(3)高度管理医療機器」 定期検査を受けましょう。

薬事法により、不具合が起きたときの人体に対するリスクの大きさ別に、次の4つに分類されています。

(1)一般医療機器 リスクが極めて低い
(2)管理医療機器 リスクが比較的低い
(3)高度管理医療機器 リスクが高い
(4)高度管理医療機器 リスクが高く生命に直結

いざ眼科へ行くとなるといったいどんな事をするのか・・なんと言って受診すればいいのか・・少々ためらってしまうと思いますが、「しばらく定期検査を受けていないのでお願いします。」という感じで大丈夫です。できれば使用中のコンタクトレンズのデータを持参するとよいでしょう。ご自分が使っているレンズデータを把握していない人も案外多いのです。レンズの種類と「D」ディオプター(度数)「BC」ベースカーブ、使っているレンズの度数とカーブが分かると検査をする人や診察をする先生も仕事がしやすいのです。

●使っているご自分のレンズデータを把握しておきましょう

●ハードコンタクトレンズを使用している方へ

ハードコンタクトの長所は、その素材にあり。

●素材が柔らかで簡単な圧力で変形するソフトレンズと違い、素材が硬いため光学的に安定します。
●酸素透過率が高い。
●涙の交換率が高い。
●眼の異常に気付きやすい。
●眼が乾燥しにくい。
※眼科医のハードコンタクトレンズ使用率は非常に高いことで知られています。

眼鏡を作る時は、レンズの使用を休んで下さい。

ハードコンタクトは、角膜表面の形状を変化させます。硬い素材で角膜を「型押し」しているためです。

角膜は硬さと厚みを持つ一方で、非常に弾力性があり新陳代謝の活発な組織です。そのため硬いコンタクトレンズをコルセットのようにはめることで容易に形状を変え、また一度変わった形状を一定の時間維持することができます。実際に角膜にクセを付ける矯正法もあります。
眼鏡の度数を合わせる時は、最低でも3日、理想は一週間、レンズの使用をお休みして下さい。型押しされて形状が変化している状態では屈折度数も変化します。角膜を元の形状に戻して検査を行う必要があるからです。

「遠視」ってどんな眼?

眼の中に入った光が網膜の後ろで焦点結像する眼で、本来は遠くがぼやけて見えるのですが、下のように「調節」という働きを使って、ずれているピントを網膜上に瞬時に合わせてしまいます。
「調節」
毛様体筋が水晶体を厚くすることで網膜の後ろ側にずれているピントを前方にもってきます。
 
遠視の程度が強く、もっと網膜の後方に焦点がずれている場合は、水晶体をめいっぱい膨らませてもピントが網膜上に来ません。
そのため、網膜上に焦点を結ぶためには眼鏡を要します。
 
少しの焦点ずれであれば、若さゆえの調節力で瞬時にずれているピントを網膜上に合わせてしまいますので裸眼視力を測定すると良好な結果になります。裸眼視力の良い若い人は遠視が潜んでいることが多いです。絶えず頻繁に調節を行うため非常に疲れやすい眼であるというのも特徴。

一定の年齢に達すると水晶体を瞬時に厚く出来なくなります。そのため本来の屈折状態が表立ってくるため、遠くがぼやけるようになります。ピントを前方にもってくることが出来なくなるため、遠くがぼやけた状態のままになるのです。近くを見る時は、遠くを見る時よりも更に水晶体を厚くしなければならないのですが、水晶体を厚くすることが出来なくなっているため、文字が見ずらくなり、近く用の眼鏡が必要になるのです。
遠くがぼやける程度が軽ければ、まだ裸眼で過ごせますが、遠くのぼやけが強ければ裸眼視力もかなり落ちているので遠用眼鏡が必要になります。

入院していました。

私事ですが、港区西麻布の心臓血管研究所付属病院に心臓血管造影検査のため2泊3日の入院をしていました。半年前に右冠動脈をカテーテルにてステント治療していますので、その箇所が綺麗に保たれているかと、もう一ヶ所、左冠動脈回旋枝という血管の治療が必要かどうかの検査入院です。結果はまた2週間後に再入院をし、左冠動脈回旋枝中央部をカテーテルによるステント治療を行うこととなりました。年に3回カテール入れることになります・・もう慣れました(笑)
食事は常食600カロリーで朝はいつも無塩パンです。


DSC_0040
六本木ヒルズの隣り。通称、心研(しんけん)と呼ばれる心臓専門病院です。良い病院ですよ~
 
DSC_0040
600cal 朝食
 
DSC_0040
600cal 昼食
 
DSC_0040
600cal 夜食
 
DSC_0040
検査終了。右腕には点滴
 
DSC_0040
カテーテル入れた左腕には空気圧の弁が付いたバンド。数時間このままです。空気圧で抑えてないと血が吹いてくるんで(笑)ちなみに赤いのは消毒液です。血ではありません。
 
DSC_0040
で、必ずこうなっちゃうんです。内出血・・消えるまで1週間
 


2019年 2月17日 小石川植物園

いつも来ている人から「オオタカ来てるよっ」と聞きました。1時間もしないうちに「ケーーケーーケーー」と鳴いているではありませんかっ!飛んでる姿と、高い木にとまってるところを一瞬・・見ましたが写真におさめる事は出来ませんでした。しばらく日曜日は連続して小石川植物園通いになると思います(笑)

風邪がぴゅーぴゅーなので涙目を拭いていたら、超近くの杭に「チョコン・・」と何か立っている気配を感じたので、よく見たら【ルリビタキのメス】。まったく逃げないんで、ドアップNoトリミングです。いきなり側にいるのは、ここや都内の庭園では非常によくある事です。焦ってジタバタすると鳥も逃げちゃうので冷静にゆっくりピント合わせをします。パシャッパシャッのシャッター音で必ずキョロッとこちらを見ますよね?(笑)

他には、道がない草むらに【シメ】のツガイがいて、メスの方の顔だけなんとか撮れました。ネットで検索したオスの全体像はこちら。あとは【ジョウビタキのオス】【モズのオス】今日は【ツグミ】が多かったです。ツグミは蛙みたいな鳴き声してます。チュルリチュルリ鳴いている【エナガ】も撮れました。


DSC_0040
【ルリビタキ】スズメ目ヒタキ科ルリビタキ属 全長14.5㎝ 日本では北海道と本州・四国の高地に繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬する。明るい林よりも暗い林の下部を好みます。オスが立派に青くなるまで約3年、風切外弁すべて青く美しい瑠璃色になるまで4年以上かかります。オスメスともに群れを作らず単独で行動、6~8月の繁殖期にはペアになります。食性は雑食で、昆虫類・果実などを好みます。国内では青い鳥の象徴としてバードウォッチャーの間で高い人気があります。ジョウビタキに似た地鳴き「ヒッヒッ」「ヒッカッカッ」、さえずりは口笛のような音質、早口で「ヒリョヒリョヒュルル」と語尾が消え入るように下がる。

メスは、額からの体上面はオリーブ褐色。眉斑は細くて不明瞭。オスの体上面は青色。眉斑は白。

 
DSC_0040
【ルリビタキのオス】まだ完全に青くない個体ですが、1月6日の新年初回に小石川植物園にて。
 
DSC_0040
【ジョウビタキ】スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属 全長15cm 冬鳥として全国各地の平地から市街地の公園や人家の庭など比較的開けた環境に生息する。オスの頭頂から後ろ頸は灰白色で胸以下の下面は赤橙色だが、メスは頭部から体上面は灰褐色。翼に白斑があります。時々、ぴょこんとお辞儀をして尾を震わせるかわいい鳥。食性は雑食で主に昆虫、草木の実を食べます。「ヒッヒッ」と澄んだ声で鳴き、時折「カッカッ」と低く鳴く。
 
DSC_0040
【ジョウビタキのメス】1月6日 小石川植物園にて。丸っこいメスの方が人気があるそうです。


DSC_0040
【ツグミ】スズメ目ヒタキ科ツグミ属 冬鳥または旅鳥として全国に渡来し、平地から山林の林、都市公園など開けた環境に生息する。ムクドリとほぼ同大。雄雌ほぼ同色。眉斑と胸にまだら模様がある。全長24㎝、秋に林に飛来するが冬は芝生、農耕地など開けた地上でも見る。食性は雑食で昆虫、果実などを食べる。鳴き声は「クィクィ」「キュッキュー」と2声で鳴く。
 
DSC_0040
【エナガ】スズメ目エナガ科エナガ属。体は小さく丸く、全長14cmで尾が長い。雄雌同色でクチバシと首が短く、目の上から眉斑(びはん)と呼ばれる黒い線状の模様が背中まで伸びています。名前の由来は、「尾が長い⇒柄が長い⇒エナガ」です。
 
DSC_0040
【モズ】スズメ目モズ科モズ属。全国の平地から山地、市街地の公園などに広く生息する。大きさは約20㎝「モズの鳴き声を聞くと冬の訪れを感じる」という方も多い程、日本ではポピュラーな野鳥です。オスは額から後頸にかけてオレンジ色の毛で過眼線は黒。メスは過眼線が褐色。食性は肉食で主に昆虫類やトカゲなどの爬虫類。モズのクチバシはタカのようにカギ型をしており、小鳥を捕えたりもします。「キィーキィー、キュイキュイキュイ」などと鳴く。
 
DSC_0040
【モズのメス】1月14日 葛西臨海公園鳥類園にて。
 
DSC_0040
【シメ】スズメ目アトリ科シメ属。冬鳥として全国各地に渡来し、落葉樹林、市街地の公園の林などに生息する。全長18.5cmでスズメよりやや大きく、クチバシは短めで太く、尾の短い鳥です。冬羽と夏羽は変わりませんが、クチバシが夏羽では鉛色になります。オスの頭部は淡い茶褐色、メスはオスよりも褐色味が強い。食性は雑食で30kg以上もの力を加えることができるクチバシで硬い種子を割り、その中身を好んで食べます。さえずりは、「チッチッツイチリリピチッ」、地鳴きは「ツィー」「チッ」。


小石川植物園
開園日時:1月4日 ~ 12月28日 午前9:00 ~ 午後4:30(入園は午後4時まで)
休園日 月曜日(祝日の場合は、その翌日)
入園料 大人400円    小学生・中学生は、130円


調光(ちょうこう)レンズ

●日差しの強さではなく、紫外線の強さに対して反応する。
紫外線は真夏の8月ではなく、3月、4月から徐々に強くなり、6月、7月にピークを迎えます。4月から9月の半年間で、年間の紫外線総量の8割近くが降り注ぎます。
DSC_0040
DSC_0040
-調光レンズ-
屋内では限りなく無色透明になり、屋外に出ると天気の良い悪いに関係なく「紫外線量」に対して色が濃くなったり薄くなったり変化してくれます。室内ではこのように色の変化はありません。右がブラウン、左がグレー。


DSC_0040
DSC_0040
曇屋外が曇っていても紫外線が強い場合、2~3分でここまで濃くなります。


濃度変化は、5%~80%

DSC_0040
DSC_0040
一番退色した状態で5%の濃さが残ります。一番濃くなった状態で80%まで変化します。紫外線が多い日は濃くなり、逆に紫外線が少ない日は薄い濃度で止まります。屋内に入ると自然と退色します。


クラシックフレーム(丸レンズ)の利点

DSC_0040
どんなに優れた遠近両用レンズでも両サイドには歪みを感じる部分があります。この歪む部分を極力、カットして装用することで理想的な遠近両用眼鏡が出来上がります。
DSC_0040
理想としては瞳ができるだけ玉型の中心にくるようなサイズのフレーム。そして上下に大きく、左右に小さいデザインであること。画像のようなイメージとなるように。
眼鏡(レンズ)とは本来、瞳と瞳の距離に合わせるものであり、顔の大きさに合わせるものではありません。


●遠近両用レンズの特徴について
DSC_0040
年齢に応じて設けられた老眼の度数を「加入度」と言い、この加入度が、+1.50 ⇒ +2.00 ⇒ +2.50というように、強まっていくに連れて見える範囲も狭くなっていくという特徴が遠近両用レンズにはあります。左は老眼初期、中央の老眼中期からは出来る限り見える範囲が広く設計されたレンズを装用した方が快適です。

●理想的な遠近両用眼鏡とは、瞳がレンズの中央付近にくるフレームを選択することで歪む部分をカットした、ゆれ・ゆがみの無い状態を作ることです。