50代女性 中等度近視「遠近両用弱め合わせ」


中等度近視から遠近両用レンズ使用者が増える

DSC_0040
中等度近視からは単焦点レンズではなく、境い目のない遠近両用レンズ(累進多焦点レンズ)を使う人が増えて来て、その理由は遠方ではなく「近方」にあります。近視が強い眼の場合は眼鏡を外すと15cm~20cmまで文字に顔を近づけないとピントが合わない視距離が近すぎる眼の為に、読書などで30cm~40cm離れるとぼやけて見えなくなってしまうのです。近視が強い眼は、凹レンズが老眼用になります。遠くまでピントを伸ばすのではなく、眼から手元の範囲まで見えるようにした度数が遠近両用レンズの「近用部」に入ります。



 

遠用部を弱めに合わせて室内用に

DSC_0040
遠くの方は必ずしも目一杯に視力を出すのではなく、あえて弱くして室内用として合わせています。運転に必要な強い度数は省いていますので、眼精疲労の予防になる方法です。



 

年齢別加入度数は、決まり通りではない

DSC_0040
各年齢別に低下してしまった調節力を補う為に用いる「加入度数」。これが近い距離を見る為に必要な度数です。50歳以上55歳未満で通常、+2.25Dを遠く用の度数に加える(addition=ADD)という決まりがあります。これは遠方視力を最大限に出している場合に必要な「+2.25D加入」であり、近視の人は眼鏡を弱めに合わせる人が多いので必ずしも各年齢に応じた加入度にする必要はありません。
 
DSC_0040
良く見える眼鏡にすると、強い遠方度数に対して年齢相応の加入度数を加え、適距離となる近用度数が出来上がります。遠方視力を弱めた場合、近用度数は同じになるように加入度数で調整します。この場合、年齢相応の加入度数にはなりません。



 

作成眼鏡

DSC_0040
UVカットだけのレンズの場合、ブルーライトを含む高エネルギー可視光線まではカットされません。
 
DSC_0040
通常、販売しているブルーライトカットレンズのブルーライトカット率は30%強です。このレンズはブルーライトを含む高エネルギー可視光線を94%カット。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-5.00D cyl-0.75D Ax110°
ADD+1.50

【左眼】sph-5.25D cyl-0.75D Ax60°
ADD+1.50