60代男性 白内障の手術後の眼鏡「手術は近方合わせ」


近方合わせとは、老眼鏡が不要の眼にすること。

術前は強度近視だった眼が、術後は弱度近視になることで、眼の焦点距離が伸び、物に近づかなくても丁度良い距離でピントが合うようになります。近視が軽くなり、裸眼視力が向上したからです。
手術後も眼鏡を使用しますが、眼の度数が軽くなったので今までとは違い、眼鏡を外しても御自身の周囲は裸眼で見えるようになります。そして、近く用の眼鏡は不要になるのが「近方合わせ」です。
DSC_0040
手術前の矯正度数
【右眼】sph-8.00D
【左眼】sph-7.00D

手術後の矯正度数
【右眼】sph-2.00D
【左眼】sph-3.00D cyl-0.50D Ax20°

白内障の手術前は【強度近視】その裸眼視力は0.02。手術後は約10倍の0.1の視力に変わりました。身の回りに裸眼でピントが合うようになります。

 
DSC_0040
DSC_0040
手術前の裸眼では、12cm ~ 14cmまで対象物に近付かないと文字が読めませんでしたが、手術後は【弱度近視】裸眼視力が0.1へと変わったので30cm ~ 50cm位で文字にピントが合うようになりました。眼鏡を掛け始めた頃の眼に変わるので強度近視だった今までよりも生活がしやすくなります。と同時に、弱度近視に変わったので眼鏡を強く合わせてもレンズが薄い。
 
DSC_0040
DSC_0040
DSC_0040
作成眼鏡【運転用】
【右眼】sph-2.00D
【左眼】sph-3.00D cyl-0.50D Ax20°

右眼は眼病にて矯正視力は0.8まで。左眼は1.2まで矯正可能。完全矯正には、「最小度数最大視力」と言う定義があり、これは、最も弱い度数で最も良い視力が得られる値を意味します。優位眼(利き目)が左眼なので、この度数で運転用を処方。

 
DSC_0040
作成眼鏡【近用20cm用】
通常は、術後の裸眼で丁度良い距離にて明視ができますので老眼鏡は不要です。職業が医師であるため、点滴針の穴を確認するため、あえて極端に強い近用眼鏡を使用。