60代男性 近視の過矯正(かきょうせい)


過矯正(眼の度数よりも強い眼鏡になっている。)

御自身の眼の度数よりもレンズの度数が不足していれば度数を上げて行くと視力も向上して行きますが、御自身の眼の度数よりもレンズの度数の方が強すぎている場合、視力は下がってしまいます。眼鏡のレンズを実際の眼の度数よりも弱く設定していて視力が弱い場合と、実際の眼の度数よりも眼鏡の方が強過ぎていて視力が弱くなっている場合とでは、後者の方が眼にかかる負担は大です。

若い人で過矯正の眼鏡はまず見られません。多く見られるのは老眼年齢の人です。数年前に良く見えるように強く合わせた眼鏡が、老眼の進行に伴って眼の近視が減退した数年後、今までの眼鏡は強すぎる眼鏡となっているのに気付かず使っている。という例が一番多いのです。

近視の場合、御自身の感覚ですと、
今まで普通に良く見えていた眼鏡が見づらくなったので眼が悪くなったのではないか・・と感じてしまうようです。眼が悪くなったのではなく、眼鏡が強過ぎになっているのです。度数を下げましょう。

DSC_0040
【右眼】
使っている眼鏡の度数、「-5.50D cyl-0.25D Ax90°」今では0.6の視力になっています。
「-5.00D cyl-0.50D Ax90°」近視の度数を-5.50⇒-5.00に下げると視力が1.2。

 
DSC_0040
【左眼】
使っている眼鏡の度数、「-5.25D cyl-0.50D Ax90°」今では0.6の視力になっています。
「-4.50D cyl-0.75D Ax90°」近視の度数を-5.25⇒-4.50に下げると視力が1.2。




遠近両用レンズを使っている場合の例

DSC_0040
遠近両用を使っている人は、過矯正になっていると今まで遠くを見るための強い度数部分では見にくくなり、遠用部よりも下の弱い部分で遠くを見た方が見やすくなります。

※遠近両用レンズは、瞳の前に遠く用の度数を設けています。瞳の前ではなく、少し下で見た方が良い人は御自身の眼の度数が以前よりも減退している可能性が強いです。

 
DSC_0040
利き目(優位眼)が左なので、眼鏡は左を見やすくしています。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-4.25D cyl-0.50D Ax90°
ADD+2.50

【左眼】sph-4.50D cyl-0.75D Ax90°
ADD+2.50