60代女性 強度近視、強度乱視「遠用・近用」


DSC_0040
DSC_0040
【近視 + 乱視】
長い眼軸のため、眼に入った光は網膜上ではなく網膜の手前で結像するため、ぼやけてしまう。角膜の一方向の屈折が強い場合、眼に入った光は2つの焦点が出来て、二重に見える。

■近視の分類

弱度 -3.00D未満
中度 -3.00D ~-6.00D未満
強度 -6.00D ~ -10.00D未満
最強度 -10.00D以上


■乱視の分類

弱度cyl-0.25D ~ -1.00D レンズに乱視を入れなくても、さほど視力に影響しない。
中度cyl-1.25D ~ -2.00D レンズに乱視を入れないと視力が上がらない。
強度cyl-2.00D以上 子供の頃からの乱視で、大人になってからも引き継ぐ。度数の変化は少ない。


強度レンズを薄くなるようにする。

DSC_0040
中央が一番薄く、外側へ向かうほど厚くなる凹レンズは、フレームのサイズを小さくしてレンズの中央付近だけを使うようにすると薄く仕上がります。
 
DSC_0040
強度の近視・乱視でも、かなり薄く仕上がります。


近視でも老眼鏡が必要になる人。

DSC_0040
近視の人は眼の度数によって、近用眼鏡(老眼鏡)が必要か不要か、その人その人違います。近視が極端に弱い人と、近視が極端に強い人が近用眼鏡の対象者になります。
 
眼の度数 裸眼で読める距離
-1.00D 100cm
-1.50D 66.5cm
-2.00D 50cm
-2.50D 40cm
-3.00D 33cm
-3.50D 28.5cm
-4.00D 25cm
-4.50D 22cm
-5.00D 20cm

 

眼の度数 裸眼で読める距離
-5.50D 18cm
-6.00D 16.5cm
-6.50D 15cm
-7.00D 14cm
-7.50D 13cm
-8.00D 12.5cm
-8.50D 12cm
-9.00D 11cm
-9.50D 10.5cm
-10.00D 10cm
 
DSC_0040
作成眼鏡【遠用】
近視が強いので、日常使う眼鏡です。
【右眼】sph-8.00D cyl-2.75D Ax5°
【左眼】sph-8.50D cyl-2.75D Ax180°
DSC_0040
作成眼鏡【近用】
裸眼だと顔を近づけないと読めないので、適度な距離で読めるようにする眼鏡です。
【右眼】sph-6.00D cyl-2.75D Ax5°
【左眼】sph-6.50D cyl-2.75D Ax180°