【70代女性】白内障手術後のサングラス


眼内レンズは透明性が高いので眩しい人も多い

DSC_0040
加齢変化で濁った水晶体は、黄白色に変化していることが多いため、濁った水晶体が透明な人口水晶体(眼内レンズ)になることで、手術後は明るく眩しく感じる人が殆んどです。
手術前は濁った水晶体を通して見ていたのが、手術により急に濁りがとれて大量の光が入るために起こる自覚症状です。


DSC_0040
ハーフカラーよりも全色の方が地面からの照り返しが和らぎます。
 
DSC_0040
【加工機械】
瞳孔間距離63.0mm(片眼31.5mm)は、レンズの中心部に瞳が位置するようになります。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+0.75D cyl-0.50D Ax100°
【左眼】sph+0.50D cyl-0.25D Ax120°

※弱い度数でも、無しにするよりも遠方は見やすくなります。度数を入れても入れなくても価格は同じなので、度数を入れて楽であれば入れたほうが良いです。