70代男性 遠視性乱視「倒乱視(とうらんし)」


乱視

DSC_0040
DSC_0040
屈折視力検査装置で眼に光を入れて、その人の眼の度数を測定することを【他覚式検査】と言い、視力表と検眼レンズを用いてその人の眼の度数を測定することを【自覚式検査】と言います。基本的には両方行います。

角膜の縦方向と横方向でカーブが異なると、眼の中で2つの焦点が結ばれるので、「乱視」と言われます。
角膜カーブがきつい方向を【強主経線】と言い、角膜カーブがゆるい方向を【弱主経線】と言います。乱視の度数は弱主経線の方向に入れます。

倒乱視(とうらんし)は角膜の横カーブがきついので強主経線が横方向、横方向が濃く見えます。反対側の縦方向が弱主経線、縦方向が薄く見えますので、乱視は薄く見えている縦方向へ合わせて一面を均等に見える様ようにします。【他覚式検査】では乱視を合わせる方向が示されますので、乱視軸度90°前後で示されます。

■年齢を経てから現れてくる乱視も乱視軸度が縦方向(90°前後)の倒乱視が主で、若い人や若い時から眼鏡矯正が必要な乱視がある人は、乱視軸度は横方向(180°前後)の直乱視(直乱視)が主であるという特性があります。

■また「昔は視力が1.5や2.0あった」という人でも、眼の中の調節力が衰えると老眼をかけますが、この老眼の進行と相まって徐々に遠くの視力も落ちて行き遠視が現れ、更に視力が落ちると遠視の眼鏡をかけるようになります。歳をとってからの【遠視性乱視】というのがこのパターンです。


DSC_0040
通常のUVカットカラーレンズでは、紫外線はカットしますが、青色光は通過。
 
DSC_0040
紫外線・青色光を通さないルテイン保護レンズにしました。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+1.00D cyl-1.00D Ax85°
  ADD+2.50D
【左眼】sph+1.50D cyl-0.75D Ax90°
  ADD+2.50D