正しい距離で見えていますか?


小さな文字が正しい距離で見えていますか? 使っている老眼鏡は合っていますか?

DSC_0040
眼は、裸眼であっても眼鏡矯正眼であっても、遠方視力が1.0や1.2のように良好であれば、近方視力も適正に矯正すると良好な視力が得られます。
老眼鏡だけ作る場合でも、遠方の視力をきちんと矯正した度数をもとにして近用眼鏡は出来上がります。そして、年齢が上がると度も進みますが、遠方の度数が変わると近用眼鏡の度も変わります。

基本的には、適正に合わせてある老眼鏡というのは、眼から33cmの距離でピントが合い、度数が曖昧になってくると45cmや50cmのところでピントが合うようになります。眼鏡を作った当初は細かい文字も近い距離で見えていたが、だんだんピントの合う距離が遠くなった経験は、皆様あると思います。

※名刺の文字を参考にしてみました。大文字が名刺の「名前と同じくらい」、小文字が「住所や電話番号、Eメールアドレスと同じくらい」です。

画像をクリック後、
「パソコンの場合」  現在使っている老眼鏡を掛けて画面の小文字に近づき、ピントが合う距離を確認して下さい。

「タブレット等の場合」  現在使っている老眼鏡を掛けて画面の小文字が良く見える距離を確認して下さい。

「いつも裸眼の場合」  遠くが良く見えている人で、近くが見にくくなってきていませんか?例えば、小さな文字を50cm離してピントが合う場合、30cm位でピントが合うように20cm戻す分の度数が必要です。

※スマートフォンの場合はピンチアウトさせて少しだけ大きくして。