70代女性 水晶体の変化による近視の減退

過矯正(白内障の変化によっても眼鏡が強すぎになる。)

【右】sph-3.50D 矯正視力0.7
【左】sph-3.75D 矯正視力1.0

レンズで矯正して1.0以上の視力が得られる場合と、1.0に満たない場合があれば、眼科的には1.0に満たない理由を探します。年齢を重ねて行くとレンズで合わせた矯正視力が以前と比べて少しずつ低下して行きます。その理由としていちばん多く挙げられるのが白内障。

◆視力変化の目安として、水晶体の中心部から白濁してくると眼の度数が近視化すると言われます。視力が良かった人は近視の眼鏡を使うと今より見えるようになります。
今まで近視の眼鏡をかけている人ならば、近視が増加するので眼鏡の度数を強くすると今より見えるようになります。

◆水晶体の周辺部から白濁してくると眼の度数が遠視化してくるという特徴があります。遠視の眼鏡をかけている人ならば、もっと遠視の度数を強くすると今より見えるようになります。
近視の眼鏡を使っている人ならば、今よりも度数を下げると見やすくなります。

近視の進行は若い時の成長期が終わると同時に止まりますので、年齢を経てから近視が増える、減るというのは眼の中の水晶体変化によっておこるものです。

DSC_0040
【右眼】
使っている眼鏡の度数で視力は0.7。矯正しても視力は変わりません。
 
DSC_0040
【左眼】
使っている眼鏡の度数、「-4.25D」強すぎて0.6の視力になっています。
近視の度数を-4.25⇒-3.75に下げると視力が1.0なります。-3.50の視力0.8で眼鏡を作ります。




遠近両用レンズを使う場合の注意

DSC_0040
遠近両用レンズは瞳の前に遠く用の度数が入って、下に行くに連れて⇒中間度数⇒近用度数の順に変わります。細いフレームに多く見られる「老眼部分の欠け」に注意が必要です。以前よりも視力が衰えているのに老眼部分が狭くなってしまうと見にくいものです。
 
DSC_0040
レンズ下を伸ばした型に直すことで「老眼部分の欠け」は起こりません。
 
DSC_0040
利き目(優位眼)が左なので、眼鏡は左を見やすくしています。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-3.50D
ADD+2.50

【左眼】sph-3.50D
ADD+2.50


60代男性 近視の過矯正(かきょうせい)

過矯正(眼の度数よりも強い眼鏡になっている。)

御自身の眼の度数よりもレンズの度数が不足していれば度数を上げて行くと視力も向上して行きますが、御自身の眼の度数よりもレンズの度数の方が強すぎている場合、視力は下がってしまいます。眼鏡のレンズを実際の眼の度数よりも弱く設定していて視力が弱い場合と、実際の眼の度数よりも眼鏡の方が強過ぎていて視力が弱くなっている場合とでは、後者の方が眼にかかる負担は大です。

若い人で過矯正の眼鏡はまず見られません。多く見られるのは老眼年齢の人です。数年前に良く見えるように強く合わせた眼鏡が、老眼の進行に伴って眼の近視が減退した数年後、今までの眼鏡は強すぎる眼鏡となっているのに気付かず使っている。という例が一番多いのです。

近視の場合、御自身の感覚ですと、
今まで普通に良く見えていた眼鏡が見づらくなったので眼が悪くなったのではないか・・と感じてしまうようです。眼が悪くなったのではなく、眼鏡が強過ぎになっているのです。度数を下げましょう。

DSC_0040
【右眼】
使っている眼鏡の度数、「-5.50D cyl-0.25D Ax90°」今では0.6の視力になっています。
「-5.00D cyl-0.50D Ax90°」近視の度数を-5.50⇒-5.00に下げると視力が1.2。

 
DSC_0040
【左眼】
使っている眼鏡の度数、「-5.25D cyl-0.50D Ax90°」今では0.6の視力になっています。
「-4.50D cyl-0.75D Ax90°」近視の度数を-5.25⇒-4.50に下げると視力が1.2。




遠近両用レンズを使っている場合の例

DSC_0040
遠近両用を使っている人は、過矯正になっていると今まで遠くを見るための強い度数部分では見にくくなり、遠用部よりも下の弱い部分で遠くを見た方が見やすくなります。

※遠近両用レンズは、瞳の前に遠く用の度数を設けています。瞳の前ではなく、少し下で見た方が良い人は御自身の眼の度数が以前よりも減退している可能性が強いです。

 
DSC_0040
利き目(優位眼)が左なので、眼鏡は左を見やすくしています。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-4.25D cyl-0.50D Ax90°
ADD+2.50

【左眼】sph-4.50D cyl-0.75D Ax90°
ADD+2.50


【60代女性 遠視】 【80代男性 強度近視】 用途に合わせた眼鏡

「跳ね上げ式フレーム パソコン用眼鏡」多焦点で合わせる。80代男性

DSC_0040
DSC_0040
強い近視なので裸眼15cmまで近付ければどんな小さい文字も良く見えますので、眼鏡で合わせるのはそこから先。パソコン用の眼鏡にするので「遠方度数」は省きます。レンズの中は、眼から70cmと50cmの距離に合わせた度数にします。パソコン画面までとキーボードまでの距離が同じ距離ではない場合、単焦点ではなく多焦点レンズを使用します。
 
DSC_0040
前枠が上がるのでスムーズに裸眼が使えることが跳ね上げ式の利点です。これは近くにピントが合っている近視の眼だけに有効。
 
DSC_0040
作成眼鏡【中近用】
【右眼】sph-4.75D cyl-1.00D Ax85°
ADD+1.00

【左眼】sph-5.25D cyl-1.00D Ax110°
ADD+1.00






単焦点で合わせる。「楽譜の距離に合わせる」60代女性

DSC_0040
DSC_0040
【趣味のアルトサックス用】遠方の度数は省きます。老眼の度数も省きます。老眼の度数は読書の距離に合わせていますから先の方はぼやけてしまいます。このような中距離に合わせるにはそのための度数調整が必要です。
 
DSC_0040
作成眼鏡【70cm用】
【右眼】sph+3.00D cyl-1.00D Ax120°
【左眼】sph+2.25D cyl-0.75D Ax30°


60代女性 強度近視、強度乱視「遠用・近用」

DSC_0040
DSC_0040
【近視 + 乱視】
長い眼軸のため、眼に入った光は網膜上ではなく網膜の手前で結像するため、ぼやけてしまう。角膜の一方向の屈折が強い場合、眼に入った光は2つの焦点が出来て、二重に見える。

■近視の分類

弱度 -3.00D未満
中度 -3.00D ~-6.00D未満
強度 -6.00D ~ -10.00D未満
最強度 -10.00D以上


■乱視の分類

弱度cyl-0.25D ~ -1.00D レンズに乱視を入れなくても、さほど視力に影響しない。
中度cyl-1.25D ~ -2.00D レンズに乱視を入れないと視力が上がらない。
強度cyl-2.00D以上 子供の頃からの乱視で、大人になってからも引き継ぐ。度数の変化は少ない。


強度レンズを薄くなるようにする。

DSC_0040
中央が一番薄く、外側へ向かうほど厚くなる凹レンズは、フレームのサイズを小さくしてレンズの中央付近だけを使うようにすると薄く仕上がります。
 
DSC_0040
強度の近視・乱視でも、かなり薄く仕上がります。


近視でも老眼鏡が必要になる人。

DSC_0040
近視の人は眼の度数によって、近用眼鏡(老眼鏡)が必要か不要か、その人その人違います。近視が極端に弱い人と、近視が極端に強い人が近用眼鏡の対象者になります。
 
眼の度数 裸眼で読める距離
-1.00D 100cm
-1.50D 66.5cm
-2.00D 50cm
-2.50D 40cm
-3.00D 33cm
-3.50D 28.5cm
-4.00D 25cm
-4.50D 22cm
-5.00D 20cm

 

眼の度数 裸眼で読める距離
-5.50D 18cm
-6.00D 16.5cm
-6.50D 15cm
-7.00D 14cm
-7.50D 13cm
-8.00D 12.5cm
-8.50D 12cm
-9.00D 11cm
-9.50D 10.5cm
-10.00D 10cm
 
DSC_0040
作成眼鏡【遠用】
近視が強いので、日常使う眼鏡です。
【右眼】sph-8.00D cyl-2.75D Ax5°
【左眼】sph-8.50D cyl-2.75D Ax180°
DSC_0040
作成眼鏡【近用】
裸眼だと顔を近づけないと読めないので、適度な距離で読めるようにする眼鏡です。
【右眼】sph-6.00D cyl-2.75D Ax5°
【左眼】sph-6.50D cyl-2.75D Ax180°


【70代女性】白内障手術後のサングラス

眼内レンズは透明性が高いので眩しい人も多い

DSC_0040
加齢変化で濁った水晶体は、黄白色に変化していることが多いため、濁った水晶体が透明な人口水晶体(眼内レンズ)になることで、手術後は明るく眩しく感じる人が殆んどです。
手術前は濁った水晶体を通して見ていたのが、手術により急に濁りがとれて大量の光が入るために起こる自覚症状です。


DSC_0040
ハーフカラーよりも全色の方が地面からの照り返しが和らぎます。
 
DSC_0040
【加工機械】
瞳孔間距離63.0mm(片眼31.5mm)は、レンズの中心部に瞳が位置するようになります。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+0.75D cyl-0.50D Ax100°
【左眼】sph+0.50D cyl-0.25D Ax120°

※弱い度数でも、無しにするよりも遠方は見やすくなります。度数を入れても入れなくても価格は同じなので、度数を入れて楽であれば入れたほうが良いです。


6月9日 白山神社

文京あじさい祭り

DSC_0040
まだ、3分咲きくらいのようでした。老夫婦が、「なんか、栄養失調みたいだね~~」と言っておりました。天気予報は曇りのち雨。10:30頃に着いた頃はまだ降ってませんでしたが、少し経つとパラパラ小雨が・・・
会場は例年通り大盛り上がりで、ステージでバンド演奏、屋台もいっぱい出てます。


DSC_0040
CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 (AEJ)は、焦点距離70cm~なので、寄れないんです・・その辺が難しく、対象物から70cm~離れると人の足とかが入ってしまうという問題が発生します。紫陽花の周りには人がいっぱい居ますからね。間近まで寄れるマクロレンズで前回は撮ってましたが、そのレンズはもう無いので頑張ってスクエアトリミングでなんとか!
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
【おまけ】小石川植物園で撮ったシジュウカラがデータに残ってました。おしりショットですが。


紫陽花セッティングに!

明日、行けるか・・

DSC_0040
DSC_0040
白山神社の文京あじさい祭りは、6月8(土)~16日(日)までですが、明日の天気予報は「曇り」。GOサインかと思いきや、開花情報を見ると微妙なんですよね。でも、16日(日)だと枯れてしまいますよね・・
平日行けない人は、やはり明日しかないでしょう!
文京区ホームページ 開花情報

野鳥セッティングから紫陽花セッティングへ変更しました。昔のフィルムカメラのレンズをセット!CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 (AEJ) sonyのαシリーズはオールドレンズを使うのに超おすすめカメラです。ただし、デジカメ機能は使えなくなり、マニュアル撮影だけです。普通、レンズフードってプラスチックなんですが、これはメタルフード。落としたら色が剥げてしまうので伸長に取り付けます。


50代女性 白内障手術後「遠近両用眼鏡」

手術前と手術後の乱視

DSC_0040
「乱視」は、角膜の歪み(角膜乱視)と水晶体の歪み(水晶体乱視)とで構成されています。白内障の手術をした後は、歪みのない人口水晶体が入りますので、水晶体乱視はありません。角膜は術前のままですので、角膜乱視は残ります。
手術前に水晶体乱視が多かった人の場合、手術後は乱視のない人口水晶体に換わるので手術前の水晶体乱視は消滅します。その結果、少ない角膜乱視だけが残り、手術をする前よりも乱視が少ない眼になりました。

手術前の度数
【右眼】sph-1.75D cyl-2.25D Ax175°
【左眼】sph-2.25D cyl-2.50D Ax20°

手術後の度数
【右眼】sph-1.25D cyl-0.50D Ax145°
【左眼】sph-1.50D cyl-0.75D Ax160°
※cyl(乱視)の数値が減っています。


遠近両用レンズにする時の注意!

DSC_0040
今までの眼鏡は遠用眼鏡。今度は遠近両用眼鏡にしますので、遠方⇔近方の範囲がレンズ内に納まるかチェックしなければなりません。眼鏡をかけた時の「眼の位置」を決めると、このレンズの上下幅では老眼が全部入りません。
 
DSC_0040
【詳細】レンズの上下を天地と言います。今までは遠用度数(単焦点)だったので、天地幅が狭くても問題がありませんでした。今回は遠近両用なので老眼が下に入りますので、遠用だけだったレンズの天地幅では老眼がきちんとレンズ内に入らないのです。
 


天地幅を伸長

DSC_0040
不足している分の天地幅を伸ばします。この場合は、2.5mm伸長すると老眼部分が全てレンズ内に納まります。※枠がある眼鏡では出来ません。
 
DSC_0040
通常のUVカットカラーレンズでは、紫外線はカットしますが、青色光は通過。
 
DSC_0040
紫外線・青色光を通さないルテイン保護レンズにしました。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-1.25D cyl-0.50D Ax145°
  ADD+2.00D

【左眼】sph-1.50D cyl-0.75D Ax160°
  ADD+2.00D

 


6月2日 

もう紫陽花の季節

DSC_0040
DSC_0040
小石川植物園でも最近は野鳥撮影も厳しい状況で、そんな中、早くも紫陽花が咲いていました。
「額紫陽花」


そろそろ文京あじさい祭りです。

DSC_0040
DSC_0040
「文京あじさい祭り」紫陽花と言ったら白山神社の紫陽花を見なきゃいけませんね。ここの紫陽花は一番凄いです。インスタ映えも間違いなしです。神社の境内から裏の公園に抜ける通路があって、公園に行く途中に紫陽花の山があるんですが、週末はディズニーランド並みの行列です。ここへ登るのは平日がよいでしょう。
【期間】 令和元年6月8日(土曜日)~16日(日曜日)
都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩3分
私も9日か16日に行きます!


40代女性 「近用眼鏡」

近用眼鏡が必要になる時。

DSC_0040
「仕事でまだ眼を使っていない。」と言いますか、「文書などを見るため、まだ近くを見ていない。」朝や午前中の方が眼は疲れていないので、「夕方よりも見え方が良い。」と言う人は沢山いらっしゃいます。

特に老眼初期の人は、そいった症状が顕著に現れ、午前中と午後では文字の見え方が違ってきます。

 
DSC_0040
遠方視力が良い40代の老眼初期の人が実感するのが、午前は見えるけど午後は見づらくなってしまう・・そういう事はありませんでしょうか?
 
最初に使う近く用の眼鏡は、+1.00Dを持ちましょう。眼が疲れてくる時間帯の午後は、裸眼で読むよりも+1.00Dの眼鏡を使った方が疲れません。パソコンをやる人ならば、眼と画面の距離を把握しておくと、検査の時に距離を合わせる事ができます。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+1.00D
【左眼】sph+1.00D