80代女性 外斜視の矯正「プリズム眼鏡」 

斜視の種類

DSC_0040
 
斜視には、眼が内側に向く「内斜視」、外側を向く「外斜視」、上や下を向く「上・下斜視」があり、内斜視ならばレンズに「プリズム外方加工」、外斜視ならばレンズに「プリズム内方加工」、上・下斜視ならばレンズに「プリズム上方・下方加工」を行って、一方向に視線の向きを変える矯正眼鏡を装用します。

眼科医の見解によっても異なりますが、二重に見える頻度が少なければプリズム加工はせずに矯正度数のみ。人から見ても明らかに眼の位置がずれる等の強い症状の場合はプリズム眼鏡を処方します。ずれ方の大小(午前と午後とのズレ方)の違いも出ますので、何回か時間帯をずらして検査をして結果を出す事もあります。

※片眼のずれであってもプリズム眼鏡を作る場合は基本的に両眼共にプリズム加工をします。


外斜視の矯正

DSC_0040
両眼ともに同じ視線であれば「正位」。視線が外側へ外れると「外斜視」となり、プリズム眼鏡をかけていないと眼が外側を向きます。
 
DSC_0040
内側の厚い方へ光を屈折させます。2つに見えていた物も1つに見えます。
 
DSC_0040
外側にずれる外斜視はプリズム内方の眼鏡をかけると、眼位も真っすぐに。
 
DSC_0040
近視性乱視の矯正度数+3プリズム(基底内方)加工を行なっております。プリズム量が1,2,3と増加する程、基底方向が厚くなって三角形のかたちが顕著になります。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-2.00D cyl-0.25D Ax90°
3プリズム内方
ADD+2.50

【左眼】sph-1.00D cyl-2.00D Ax90°
3プリズム内方
ADD+2.50

DSC_0040
基底内方(ベースin)は、度で示すと、右が0° 左が180°


小学生 「近視」

子供の遠視と近視の眼鏡は、その目的が違います。

DSC_0040
 
遠視の矯正は網膜よりも後ろにある焦点を網膜上にもってくるために凸レンズで光を集光させます。近視の矯正は網膜よりも前にある焦点を網膜上にもってくるために凹レンズで光を拡散させます。
 
DSC_0040
 
すぐ近視になるのではなく、近視になるまでには「遠視」の時期と「正視」の時期を経て「近視」になります。生まれてすぐは強度の遠視で、成長に連れて強い遠視が減って±0.00の正視眼、その後に小学校3年生頃から近視へ変わる子が多いのです。

近視へ変わる原因は、子供が親と顔かたち・背格好が似るように、眼の形も親に似る「遺伝的要素」と、近くを長く見る作業を続けていてピントを合わせるための筋肉を酷使することによる「環境的要素」が、一般的な近視の原因だと言われています。

正視では眼鏡は不要ですが、幼児期の遠視と就学後の近視では眼鏡をかける意味も違います。

眼球が小さく網膜の後方で焦点が結ばれている【遠視】は、年齢が上がるに連れて遠視の度数も減って行き、正視へと向かいます。時々、年齢が上がっても強い遠視のままで視力が育っていない子がおります。近くも遠くもぼやけているので弱視になるおそれが出てきます。その場合は見る力を育てるための「治療用」として眼鏡を終日装用します。裸眼視力が上がってくれば強い遠視も減ってくるので就学してからは眼鏡が不要になります。

眼軸と言い、眼の奥行きが長くなるのが【近視】です。焦点が網膜よりも手前なので近くは良く見えますが、遠くはぼやけてしまって裸眼視力が良くありません。遠視と違うところは、「近くは良く見える」というところです。この場合、ぼやけている遠くを個々に応じた希望の強さに調整した眼鏡を使っていれば問題ありません。


眼鏡が必要になる目安

眼鏡が必要になる目安は、両眼の視力が0.7以下になった時。
低学年のうちは、黒板の字も大きいので0.4以下を目安にすればいいと思います。日常に支障がなければ授業中だけ眼鏡を使うようにすればいいでしょう。
眼鏡をかけたり外したりすることで近視が進むとか、眼鏡をかけると更に眼が悪くなるということはありません。
DSC_0040
近視が弱い眼と強い眼とでは、眼鏡をかけていない時に、裸眼で見える距離も違います。裸眼でよく見える距離は眼鏡を使わなくても見えるので、近視が弱い眼はお家で机の上で勉強する時などは眼鏡は必要ないです。近視が強くなると顔が机に近付いてしまい、姿勢も悪くなるので眼鏡をかける必要も出てきます。
 
DSC_0040
作成眼鏡
授業の時に使用。
【右眼】sph-1.00D

【左眼】sph-0.75D


日本橋アートアクアリウム2019

~江戸・金魚の涼~ ART AQUARIUM

御客様から「行ったぁ?」と言われるので、いつも気になっていたんですが、激混み情報が凄いのでいつもためらっていました。日本橋で開催されるのは今回で最後との事なので気合を入れて行ってまいりました。
夕方到着、「只今30分~60分待ち」のプラカード持ったお兄さんが立っていました。日中は2時間待ちの情報がありましたので、これはラッキー。暑いですが駅直結なので外には出ずに済むので意外と平気です。団扇のサービスもあります。
「セブンチケット」を買っておくと入場がスムーズです。ファミリーでおじいちゃん、おばぁちゃんと一緒に来てたり、若い人、外国人、一人で来てる人も。

混雑してるので、写真にはどうしても人が入ってしまいますがトリミングで何とかなるものは修正しましたが、何ともならないものはそのままです。
金魚よりも、水槽の形が印象に残ります。ガラス水槽と違ってアクリル水槽は丸くしたり色んな形が作れますから、水槽作りにかかる手間が大変です。最後の着物の形をした水槽には驚きです。

7月5日から9月23日まで、中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F
アートアクアリウム公式サイト
日曜日~金曜日 11:00~22:30
土曜日~祝前日 11:00~23:30
中学生以上 ¥1000


DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040


8月11日 葛西臨海公園鳥類園

カワセミダイブ

鳥類園のレンジャーブログに、「頻繁にカワセミが見られます。」と書いてあったので早速行ってみました。快速に乗ってしまい、ボォ~っとしてたら「葛西臨海公園」駅を通過・・・というアクシデントもありながら、朝7:00過ぎに到着!すでに3人がカワセミを連射中。この人達は何時に来てるんだ??

いったんサギ類を見たいのでその場を離れて、「大サギ」「アオサギ」「コサギ」「ゴイサギ幼鳥」と、サギは多くいました。再度カワセミポイントへ行くと、誰も居ない、カワセミも居ない・・
少し待つとまた現れましたので「餌捕りダイブ」を撮影しました。が、餌は獲れなかった模様。カワセミは水中に飛び込む時、透明の膜が眼を覆うんです。瞬時にゴーグルを装着するんです!綺麗な色をしていながら結構大きな魚も丸呑みしちゃうハンターです。


DSC_0040
DSC_0040
DSC_0040
DSC_0040
DSC_0040
DSC_0040


ペリカン目 サギ科

サギ類は動きもゆっくりなので、のどかな感じなので好みです。アオサギ、ダイサギは30メートルくらい先なのではっきり撮れてないのでトリミング出来ません。


DSC_0040
DSC_0040
【ゴイサギ 幼鳥】
 
DSC_0040
【コサギ】
 
DSC_0040
【アオサギ】
 
DSC_0040
【ダイサギ】


50代女性 雑性不同視 「パソコン用眼鏡」

不同視の分類は4つ

DSC_0040
■両眼ともに遠視の【遠視性不同視】
小児に多く、弱い遠視の方はピントが合っていても、強い遠視の方はピントが合っていないので「弱視」になりやすい眼。小児はかなりの左右差がある眼鏡も掛けられますので、片眼に強い遠視があってピントが合っていない場合は眼鏡装用が必要。

■両眼ともに近視の【近視性不同視】
矯正度数に2.00D以上の差がある眼を不同視と言います。日本人には学生も大人も多く、両眼をまともに合わせてしまうと物の大きさが同じにならず困難を強いられますので、度が強い方の眼は「用事が足りる程度」に留めておくこと。

■乱視の数値に差がある【乱視性不同視】
右)sph-2.00D(近視) cyl-0.25D(乱視) Ax180°(乱視軸度)
左)sph-2.00D(近視) cyl-2.50D(乱視) Ax180°(乱視軸度)
乱視が強いからといって、合わせ過ぎてしまうと、右眼と左眼で物の長さが狂って見えるなどの違和感が出ます。

■左右で性質の異なる【雑性不同視】
「片眼は遠視、片眼は近視」のように、左右で性質の異なる眼。
右)+2.00D
左)-1.50D
度数だけを見ると左右同じ様な数字ですが符合が異なります。マイナスとプラスに分かれたとても左右差のある眼です。


裸眼のピントが、パソコンの距離に合っていない。

DSC_0040
 
DSC_0040
【右眼】近視系の眼は近い距離に焦点が合っていますが、誰もが同じ距離ではなく、その人の矯正度数によって違います。-3.00Dより強い近視があると眼から20cm ~ 30cmまでは裸眼で良く見えますが、その先は見えませんので目的の距離に合う度数が必要になります。
 
DSC_0040
【左眼】遠視と近視の焦点を持つ「混合性」。遠視があると近視のように「遠くは見えないが近くは見える。」という訳にはいかず、遠方、近方ともに見えるようにするには度数が必要になります。


パソコン用「45cm近用眼鏡」

左右の差が6.00Dという特殊な度数ですが、昔から差のある眼鏡を使っていないと使いこなす事は出来ません。また、日常はコンタクトレンズを使用している御客様です。差が大きい不同視は眼鏡よりもコンタクトレンズの方が良く見える様に合わせても具合悪くなりません。

老眼鏡が必要になる年齢になると、コンタクトレンズは遠方の矯正力が強いので、近くを見やすくする事が困難になります。眼鏡の方が近くを見やすく出来ます。

DSC_0040
利き目(優位眼)が右なので、眼鏡は右眼を見やすくしています。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-3.50D cyl-1.00D Ax20°

【左眼】sph+2.50D cyl-2.00D Ax160°


70代女性 「左右で性質の違う眼」

屈折異常は、8種類あります。

DSC_0040


遠視性単性乱視

DSC_0040
【右眼】sph+2.00D cyl-2.00D Ax80° 裸眼視力0.8 矯正視力1.0
乱視の角膜を光が通過すると2つの焦点が発生します。一方は網膜よりも後ろ側で焦点を結んでいる遠視、一方は網膜上で焦点を結んでいる正視、この状態は【遠視性単性乱視】です。
遠視によるボヤケが主で、裸眼視力は比較的良好な場合が多い。


混合性乱視

DSC_0040
【左眼】sph+1.00D cyl-2.00D Ax100° 裸眼視力0.6 矯正視力1.0
乱視の角膜を光が通過すると2つの焦点が発生します。一方は網膜よりも後ろ側で焦点を結んでいる遠視、一方は網膜よりも手前で焦点を結んでいる近視、この状態は【混合性乱視】です。
遠視と近視によるボヤケのため、裸眼視力は良くありません。


遠近両用眼鏡と近用眼鏡を持つ。

DSC_0040
 
DSC_0040
 
DSC_0040
遠近両用レンズは少し目線がずれると度数が変わります。特に文章の上の方はぼやけてしまいます。近くだけを長い時間見る時は、近用の単独老眼鏡の方が見やすいです。
 
DSC_0040
利き目(優位眼)が右なので、眼鏡は右眼を見やすくしています。
 
DSC_0040
作成眼鏡
遠近両用
【右眼】sph+2.00D cyl-2.00D Ax80°
ADD+2.25

【左眼】sph+1.00D cyl-1.00D Ax100°
ADD+2.25

 
DSC_0040
作成眼鏡
近用
【右眼】sph+4.25D cyl-2.00D Ax80°
【左眼】sph+3.25D cyl-1.00D Ax100°


眼鏡の先手を鼈甲に

メタルフレームの耳にかかる部分を鼈甲に

DSC_0040
鼈甲は鼈甲のフレームを買わなくても、その質感を得ることが出来ます。体温によって時間をかけて馴染んで行くのが耳にかかる「先手」と呼ばれる箇所。(実物)


製作例

DSC_0040
樹脂で出来ている先セルと言われる部分を抜くと、芯棒が出てきます。
 
DSC_0040
鼈甲の中に芯棒は入れられないので、不要な部分を途中で切ります。
 
DSC_0040
最初からこの形ではなく、一つの鼈甲ブロックを作ってから手作業で削り出して行きます。


70代女性 「白内障で視力が低下してきた眼」 

白内障の種類と特徴

DSC_0040
 
■水晶体の中心部(核)から濁る核性白内障については、眼の度数は「負」の方向へシフト、マイナス(凹)が増えます。近視の人ならば近視の増加、遠視の人ならば遠視の減退という検眼結果になる特徴があります。

■皮質白内障の特徴は、度数が「正」の方向へシフト、プラス(凸)が増えます。近視の人ならば近視の減退、遠視の人ならば遠視の増加という検眼結果になる特徴があります。


核性白内障

DSC_0040
 
DSC_0040
核性白内障の場合、眼の度数は今までよりも「負」の方向へシフト、マイナス(凹)が増えます。

水晶体の中心部(核)から濁る核性白内障については、凸レンズの作用をする水晶体の中心に、芯のようにもう一つ凸レンズが出来る形となり、水晶体自体の屈折力の増加をもたらし、眼に入った光が今までよりも強く屈折されて網膜よりも手前で焦点が結ばれるようになるため、眼の度数は「負」の方向へシフト、マイナス(凹)が増えます。(近視化)
近視の人ならば近視の増加、遠視の人ならば遠視の減退という形の検眼結果になります。

 
DSC_0040
今まで使っている眼鏡の度数を等価球面度数にする。※乱視(cyl)の半分の度数を近視(sph)に加える事。左右共にsph-4.25Dとなります。
 
DSC_0040
新たな検眼結果を等価球面度数に。※乱視(cyl)の半分の度数を近視(sph)に加える事。
【右眼】sph-5.00D
【左眼】sph-5.25D

近視の増加が確認できます。

 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-4.25D cyl-1.50D Ax90°

【左眼】sph-4.50D cyl-1.50D Ax90°


40代女性 初めての近用眼鏡

基準となるのは、調節力「4D]

DSC_0040
老眼の年齢ではない人の水晶体は、柔軟に厚みを変えて近くのピント合わせを行う事ができます。
 
DSC_0040
近くの文字がぼやける原因は、水晶体調節力の低下によって以前のように厚く出来ない為、ピントが網膜上に結像しないからです。調節力の低下に相当する凸レンズを装用すると網膜上にピントが合います。
 
DSC_0040
手元で小さな文字等を問題なく読む為には、「4D」の水晶体調節力を要します。この4Dの調節力は40歳以降に段々と減退して行きます。調節力とは近くの物を見る時にピント合わせをする為、弾力性がある水晶体が適切な厚さに膨らむことです。

40歳以降は水晶体の弾力性が弱まるので、適切な厚さに膨らむ事が出来なくなって調節力が4D以下になるので、不足しているD(ディオプター)分をレンズで補なわなければなりません。老眼になってきた時に皆さんが購入するレンズの度数「+1.00D」「+1.50D」というのが、不足してしまった水晶体の調節力分に相当するのです。

若いうちはまだ弱いD(ディオプター)を補充すれば近くが鮮明に見えますが、高齢になると水晶体にはわずかな調節力しか残っていないので、強いD(ディオプター)を補充しなければ近くが鮮明に見えないので強い老眼鏡を使うのです。


老眼鏡はこうして出来上がります。

DSC_0040
近用眼鏡(老眼鏡)を作る場合でも、必ず遠用度数を測ります。近視、遠視、乱視の有無を測定した遠用度数に、年齢別に定められた調節力の不足分(加入度数)を加えると老眼鏡が出来上がります。老眼鏡だけの検眼というのはありません。
 
DSC_0040
若い人が年齢相当以上の老眼鏡を使っても見やすくなりませんし、高齢の人が若い人相当の老眼鏡を使っても見やすくはなりません。水晶体の調節力は年齢別に違うため、不足する調節力も年齢によって違いますから年齢に見合った調節力不足分に相当する老眼鏡を使わないと鮮明に見えません。

もし、年齢に見合わない度数の老眼鏡で良く見えるという人は、遠視、近視、乱視等の遠用眼鏡が必要な眼でありながら、それらを矯正していない人です。

1.老眼鏡で遠くが見えてしまう。市販の一番強い度数を買っても近くがよく見えない。
⇒⇒強い遠視です。遠方視力検査をしましょう。遠くを見る為には強い凸レンズが必要。老眼鏡はさらに強い凸レンズが必要なので特注品になります。

2.高齢なのにとても弱い老眼鏡で良く見える。
⇒⇒近視、または強い乱視です。遠方視力検査をしましょう。外出する時、遠くがぼやけませんか?適度な近視や乱視の遠用眼鏡が必要な眼です。または、「今の老眼鏡より以前の老眼鏡の方が見えるようになった。」となれば白内障による眼の変化。適切な眼科医を御紹介します。

 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+1.00D cyl-0.50D Ax90°

【左眼】sph+1.00D cyl-0.50D Ax90°


80代女性 「白内障で視力が低下してきた眼」 

白内障の種類と特徴

DSC_0040
 
■水晶体の中心部(核)から濁る核性白内障については、眼の度数は「負」の方向へシフト、マイナス(凹)が増えます。近視の人ならば近視の増加、遠視の人ならば遠視の減退という検眼結果になる特徴があります。

■皮質白内障の特徴は、度数が「正」の方向へシフト、プラス(凸)が増えます。近視の人ならば近視の減退、遠視の人ならば遠視の増加という検眼結果になる特徴があります。


他覚的屈折検査と自覚的屈折検査による特徴

DSC_0040
他覚的屈折検査とは、眼科や眼鏡店にある機械で測定した数値のことです。遠視や近視や乱視の測定値と、その確率(信頼度)も表示されます。白内障がある眼を測定したので確率が「5」、かなり信頼度の低いデータと言えるでしょう。
 
DSC_0040
自覚的屈折検査とは、検眼レンズと視力表を用いて人の手で行う検査のことです。自覚的屈折検査では、他覚的屈折検査よりも(S)=遠視、(C)=乱視 が少なくなっています。

【他覚的屈折検査のデータは皮質白内障の特徴】

自覚的屈折検査のデータよりも(S)=遠視の数値が「正」の方向へシフト、プラス(凸)が増えて遠視の増加を示す皮質白内障の特徴を示しています。


白内障で視力が低下してきた眼に有効な単焦点レンズ

DSC_0040
レンズ中の各部で「遠」「中」「近」の度数に変化する遠近両用レンズは、目線がずれると度数も変わります。良好な視力がある眼にはとても便利ですが、視力が低下している眼にとっては見やすいレンズとは言えないのです。
 
DSC_0040
単焦点レンズは、上の方や下の方で見ても同じように見えますので水晶体の濁りが弱い箇所からは鮮明に見えるのです。
 
DSC_0040
作成眼鏡(矯正視力は両眼で0.8)
【右眼】sph+1.50D cyl-1.50D Ax110°

【左眼】sph+1.50D cyl-1.50D Ax85°