50代女性 中等度近視「遠近両用眼鏡」

近視の強さが違うと、裸眼の明視距離も違います。

DSC_0040
近視は、遠くが見づらく近くは見やすいという眼ですが、皆が同じ様ではありません。その人の眼の度数が違えば遠くの視力も違います。そうすると、見やすい手元の距離も違ってくるのです。
大きく3つに分ける事が出来ます。
【近視が-1.00D ~ -2.00Dの眼】そこそこ遠くが見えるので眼鏡を持っていない人も居れば、眼鏡を持っていても常時かけていない人が多い近視です。裸眼で手元の文字等がはっき見える距離は50cm ~ 100cmで、裸眼の明視距離が遠い眼だと言えます。
【近視が-2.50D ~ -3.50Dの眼】裸眼視力が0.1前後なので眼鏡は常時かけている人達です。その代わり眼鏡を外すと手元の文字等に、眼から30cm ~ 40cmの距離でピントが合います。裸眼の明視距離が手元に丁度合っている眼と言えます。
【近視が-4.50D以上の眼】裸眼視力が0.1以下なので起床後から就寝前まで眼鏡を必要とします。裸眼で文字等を見るには、20cmや強度近視になると10cmまで近付かないと見えません。非常に裸眼の明視距離が近い眼だと言えます。



 

老眼鏡が必要な近視

DSC_0040
 
DSC_0040
近視の眼が近用度数を必要とするかどうかは裸眼の明視距離で決定します。近視が弱い人は近くを見る時、眼前10cmや20cmではなく50cm以上離した方がピントが合います。あまり遠いようなら30cmや40cmの距離で読めるような眼鏡が必要になります。
裸眼で近くを見る距離が、眼前10cmや20cmになってしまう近視が強い人は、明視距離がもっと遠くなる眼鏡が必要になります。30cmや40cmの距離で本が読めるように、またはパソコン画面に合わせたり。



 

HEVをカットするレンズ

DSC_0040
HEVと呼ばれる高エネルギー可視光線(英: high-energy visible light)

眼底の黄斑部(おうはんぶ)には、HEVを吸収してくれる重要な働きをする「ルテイン」という色素があります。ルテインは加齢とともに減少してしまう色素であり、体内で作り出す事も出来ません。HEVをカットしてルテインを保護するレンズを使用しています。

 
DSC_0040
HEV:高エネルギー可視光線をカットしないレンズ
 
DSC_0040
HEV:高エネルギー可視光線をカット
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-4.25D cyl-0.50D Ax160°
ADD+1.75D

【左眼】sph-4.00D cyl-2.00D Ax10°
ADD+1.75D

 
DSC_0040
近視の遠近両用レンズの内訳


眼鏡一式作るより難しい「フレームだけの交換」

【 1.)眼鏡一式 2.)レンズのみ交換 3.)フレームのみ交換 】この中でいちばん難しいのが、3.)フレームのみ交換の作業です。

眼鏡は、丸生地レンズを御客様が選んだフレームの形にカットされているのですが、単にカットしている訳ではなく、使用する人の瞳と瞳の距離「瞳孔間距離」と、レンズの中心から中心までの距離を合わせてカットしてあり、乱視の眼ならば角膜のカーブに強弱があるので、弱いカーブ方向に「乱視軸度」を合わせてカットしてあります。既製品以外の眼鏡は全てこのように作られています。



 

処方の通りカットされたレンズ

DSC_0040
丸生地レンズは、(sph)-2.00Dの近視用度数と(cyl)-1.00Dの乱視用度数になっています。
 
DSC_0040
フレームをかけた時の瞳~瞳の距離と、レンズの中心~中心を合わせてあり、乱視表の横方向がはっきり見える倒乱視(とうらんし)という眼なので、-1.00Dの乱視度数が垂直の90°方向に入るようカットしてあります。



 

カット済のレンズを移し替える時の注意!

DSC_0040
例)として、鼻幅16mmのフレームに、PD(瞳孔間距離)62mmでカットされているレンズを他のフレームに移し替える際に、隙間が生じないようにするのは勿論ですが、瞳孔間距離が狂わないようにする事も重要なのです。
特に度数が強い人なら尚更、瞳孔間距離が狭くなってしまったり広くなってしまったりすると今までと違う見え方が起こる事があります。
今まで使っているフレームと同じ鼻幅のフレームにレンズを移し替える場合は、PD(瞳孔間距離)も今までと同じですが、画像のように今まで使っているフレームの鼻幅よりも広い鼻幅のフレームに移し替えてしまうと、PD(瞳孔間距離)は広くなります。


9月15日 六義園

DSC_0040
庭園は9:oo開園なので、さすがに真夏は暑くて無理でした。暑さも終わりましたので、久しぶりに近所の六義園に行きました。まだ秋冬の渡り鳥は来ませんが、何かいるかなぁと思って行ってみると、望遠カメラを持った人10人ほどが開門前から門の前で並んでました。「カワセミ」狙いの人達だったようです。私も皆さんに混ざり、カワセミを撮ってきました。全員が自分よりも年長者なので、撮影できるポイントにはチョットずつチョットずつ近づいて行って、間に入れてもらう方法で成功。笑

窓口で見せる年間パスポートの色が私とは違うので、皆さん65歳以上です。小石川植物園で頻繁にお会いする人も今日は六義園でカワセミ撮影でした。


DSC_0040
枝にとまったままで、背中しか撮れないポジションでしたが、カワセミの雄。(成長)
 
DSC_0040
違う場所には幼鳥がいました。成鳥も幼鳥も似ててわかりずらいのですが、赤い矢印のように足の色が白っぽくて、胸のオレンジ色の体毛がくすんでいるのが幼鳥。
 
DSC_0040
今年のお正月に撮影したカワセミ(成長)、足の色が濃い橙色で胸の体毛が綺麗なオレンジ。


60代男性 「強度近視」

強度近視

DSC_0040
眼軸の長さが伸びることによって近視が生じる軸性近視です。眼軸長が27mmを超え、-8.00D以上の近視を強度近視と言います。
※眼軸が1mm長くなると3D増えると言われています。
 
DSC_0040
眼軸の長さと、角膜や水晶体の屈折力(光を集める力)のバランスが良くないので、遠方から入って来た光線が網膜の手前で焦点を結んでしまいます。
近視の分類
弱度
-3.00未満
中等度
-3.00 ~ -6.00未満
強度
-6.00 ~ -10.00未満
DSC_0040
眼に入って来た光線が網膜の手前で焦点を結ぶ近視の矯正には、光を広げて眼の奥まで届かせる為に必要な凹レンズを用います。



 

強い度数でも薄く出来上がる。

DSC_0040
【加工機モニター画面】
FPD(レンズのサイズ47mm+フレームの鼻幅22mmの合計値)と、PD(瞳孔間距離)が69mm同士だと、眼鏡をかけた時に枠の中心に瞳が位置するようになります。
 
DSC_0040
【枠の中心に瞳が位置する利点】レンズの中心も瞳に合わせます。そうすと中心から縦横斜めの距離が一定になり、レンズの薄い部分だけを使う事が出来ます。
 
DSC_0040
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-8.50D

【左眼】sph-7.50D cyl-1.00D Ax175°


30代男性 不同視「免許更新用眼鏡」

不同視(ふどうし)

DSC_0040
裸眼視力【右眼0.04】【左眼0.4】
どちらか一方の眼がよく見える。または、どちらか一方の眼がよく見えない状態で、矯正すると左右の度数の差が2.00D以上ある状態の事です。
 
DSC_0040
左右の差がとてもある場合、強い度数をそのまま装用する事は出来ませんので、コンタクトレンズを使わない不同視の人は、普段に使用する眼鏡と運転免許の更新用の眼鏡とを分けて持っています。



 

直乱視の矯正

【右眼】sph-4.00D cyl-3.00D Ax180°
【左眼】sph+0.50D cyl-2.50D Ax180°

■乱視の分類は、「倒乱視(とうらんし)」「直乱視(ちょくらんし)」「斜乱視(しゃらんし)」の3つ。このうち眼鏡の乱視軸度が180°前後の水平方向に乱視の度数が入る眼を直乱視と言います。年齢を経て行くと、近視や遠視は加齢変化が顕著に現れますが、子供の頃からの強度乱視は大人になってもさほど変化はしません。

 
DSC_0040
乱視とは角膜の縦横カーブが均一ではない場合に発生します。直乱視はこのように縦方向が強いカーブの角膜をしていますので、線が全て均一の太さ、濃さである乱視表(放射線)を見ると、屈折が強い縦方向がくっきり見えます。
 
DSC_0040
屈折が強い縦方向がくっきり見えているので、ランドルト環を見ると左右の方向は見づらくて上下の方向は見やすくなっています。(乱視矯正前)
 
DSC_0040
【右レンズ 近視+乱視】ランドルト環が見にくくなってしまう弱い屈折方向に度数を入れて、縦横が均一に見えるように矯正します。乱視用は、縦方向と横方向の度数が違うので、このように歪んだレンズになります。
 
DSC_0040
【左レンズ 遠視+乱視】左眼は近視ではなく遠視なので、右レンズとは形状が異なりますが、ランドルト環が見にくくなってしまう弱い屈折方向に度数を入れるのは同じ。
 
DSC_0040
作成眼鏡
免許更新用
【右眼】sph-4.00D cyl-3.00D Ax180°

【左眼】sph+0.50D cyl-2.50D Ax180°


80代女性 遠視性乱視「遠用」「近用」眼鏡

遠視性乱視

DSC_0040
【遠視、または遠視性乱視】
眼の中に入った光が網膜よりも後ろで焦点を結ぶ遠視、または遠視性乱視の眼は、はっきりと物を見る為には常に眼鏡レンズで矯正していなければならない眼です。近視の眼のように、遠くは見えないが手元は眼鏡を外せば見えるという眼ではありません。
 
DSC_0040
【若い時は強い調節力で視力が良好】
網膜よりも後ろで焦点を結んでいても、強い調節力によって網膜上に焦点を合わせてしまうのが若さゆえの調節力。年齢を経た場合、ぼやけているピントを網膜上に合わせる事は出来なくなります。そのため、遠視または遠視性乱視本来の見え方となって遠くも中間も近くもはっきり見えません。


乱視の矯正

乱視の分類は、「倒乱視(とうらんし)」「直乱視(ちょくらんし)」「斜乱視(しゃらんし)」の3つ。このうち眼鏡の乱視軸度が90°前後の垂直方向に乱視の度数が入る眼を倒乱視と言います。若いうちよりも年齢を経てから徐々に現れて、年々強くなっていくという特徴がある乱視でもあります。
 
DSC_0040
乱視とは角膜の縦横カーブが均一ではない場合に発生します。倒乱視はこのように水平方向が強いカーブの角膜をしています。
 
DSC_0040
1.乱視の矯正を行う前は、均等な太さ・濃さである放射線を見ると、角膜の強い屈折方向が強調された見え方をします。2.角膜の弱い屈折方向に度数を入れるのが乱視矯正。3.乱視の矯正が行われると均一な見え方になります。


老眼の度数とは失われた調節力なので、年齢によって違うのです。

DSC_0040
失われた調節力とは、年齢別に設けられた老眼の度数です。この度数と、遠視・近視・乱視を足し算したものが老眼鏡、つまり「近用度数」です。
 
DSC_0040
遠くを見る度数に、年齢分の老眼を足して近く用の度数が出来上がります。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+2.50D cyl-2.00D Ax90°

【左眼】sph+2.25D cyl-2.00D Ax90°

 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+5.50D cyl-2.00D Ax90°

【左眼】sph+5.25D cyl-2.00D Ax90°


8月25日 葛西臨海公園鳥類園

DSC_0040
DSC_0040
晴天!これは鳥類園ウォッチングセンターから海方向です。
DSC_0040
朝6時前に出発、7時着。すでに上の池カワセミポイントには4人居まして、三脚立てちゃってました笑。カワセミポイントはウォッチングセンター近くの観察窓です。場所取り状態みたいですね。私はこの前に撮ったのでカワセミはやめて違うのを探してたんですが今日はアオサギ、ダイサギくらいしか居ませんでした。カルガモが泳いできたので振り向き様に一枚。何故か蟹さんが大量発生中です、


DSC_0040
最もポピュラーな水鳥「カルガモ」。清澄庭園のカルガモなんかは人慣れしすぎてました。
 
DSC_0040
今日はこれがすごい数で足元に居ます。


小学生 「正視と混合性乱視」を矯正

正視と混合性乱視

DSC_0040
 
1.2と0.6で倍の開きがある裸眼視力。眼鏡をかけない裸眼では視力の良い片眼に頼ってしまいます。左右の視力に差があると頼っている方の眼が疲れやすくなり、しょっちゅう眼をこすったりするなどの症状も出てきます。二重に見えてしまう乱視と、遠も近もぼんやり見えてしまう遠視とがMixしている混合性の眼は、遠くを見る時も近くを見る時も矯正レンズを装用していれば安定した見え方が確保されます。


右眼の矯正

DSC_0040
裸眼視力が1.2の右眼については、視力が良いから「矯正をする必要なし」と判断しがちなのですが、+0.75D ⇒視力0.7 +0.50D ⇒視力0.9 +0.25D ⇒視力1.2 というように、検眼を少し強い凸レンズからスタートして、+0.25Dでも裸眼視力と同じ1.2ならば、このままの方が近距離が見やすい状態を維持出来ます。

近距離を見る時は、水晶体を膨らませてピントを固定するために調節筋の働きが過剰になるのですが、凸レンズを通して見る事で近くが見やすくなっているので、裸眼時よりも調節筋の働きを抑える事が出来るのです。
視力が良いからといって安易に度無しのレンズを使用するのは控えた方が良いでしょう。

 
DSC_0040
度無しのレンズを用いた裸眼と同じ状態。
 
DSC_0040
+0.25Dのレンズで近距離を見ている時。このわずかな度数でも眼精疲労の防止に役立っているのです。



 

左眼は通常通り、しっかりと矯正

DSC_0040
先ず、網膜の後ろ側にある遠視の焦点を凸レンズで矯正します。左眼は光が2ヶ所で焦点を結ぶのでこれだけでは視力は向上しません。
 
DSC_0040
凸レンズはそのままで、もう1つの網膜よりも手前にある近視の焦点を矯正します。角膜の上下方向の屈折が強い眼は、水平方向がはっきり見えていない「直乱視」という状態になっています。水平の弱い屈折方向に近視の度数が付いたレンズで矯正します。
 
DSC_0040
実際に用いる遠視の+1.25Dと、近視の-2.00Dが混合したレンズ。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph+0.25D

【左眼】sph+1.25D cyl-2.00D Ax180°


80代女性 外斜視の矯正「プリズム眼鏡」 

斜視の種類

DSC_0040
 
斜視には、眼が内側に向く「内斜視」、外側を向く「外斜視」、上や下を向く「上・下斜視」があり、内斜視ならばレンズに「プリズム外方加工」、外斜視ならばレンズに「プリズム内方加工」、上・下斜視ならばレンズに「プリズム上方・下方加工」を行って、一方向に視線の向きを変える矯正眼鏡を装用します。

眼科医の見解によっても異なりますが、二重に見える頻度が少なければプリズム加工はせずに矯正度数のみ。人から見ても明らかに眼の位置がずれる等の強い症状の場合はプリズム眼鏡を処方します。ずれ方の大小(午前と午後とのズレ方)の違いも出ますので、何回か時間帯をずらして検査をして結果を出す事もあります。

※片眼のずれであってもプリズム眼鏡を作る場合は基本的に両眼共にプリズム加工をします。


外斜視の矯正

DSC_0040
両眼ともに同じ視線であれば「正位」。視線が外側へ外れると「外斜視」となり、プリズム眼鏡をかけていないと眼が外側を向きます。
 
DSC_0040
内側の厚い方へ光を屈折させます。2つに見えていた物も1つに見えます。
 
DSC_0040
外側にずれる外斜視はプリズム内方の眼鏡をかけると、眼位も真っすぐに。
 
DSC_0040
近視性乱視の矯正度数+3プリズム(基底内方)加工を行なっております。プリズム量が1,2,3と増加する程、基底方向が厚くなって三角形のかたちが顕著になります。
 
DSC_0040
作成眼鏡
【右眼】sph-2.00D cyl-0.25D Ax90°
3プリズム内方
ADD+2.50

【左眼】sph-1.00D cyl-2.00D Ax90°
3プリズム内方
ADD+2.50

DSC_0040
基底内方(ベースin)は、度で示すと、右が0° 左が180°


小学生 「近視」

子供の遠視と近視の眼鏡は、その目的が違います。

DSC_0040
 
遠視の矯正は網膜よりも後ろにある焦点を網膜上にもってくるために凸レンズで光を集光させます。近視の矯正は網膜よりも前にある焦点を網膜上にもってくるために凹レンズで光を拡散させます。
 
DSC_0040
 
すぐ近視になるのではなく、近視になるまでには「遠視」の時期と「正視」の時期を経て「近視」になります。生まれてすぐは強度の遠視で、成長に連れて強い遠視が減って±0.00の正視眼、その後に小学校3年生頃から近視へ変わる子が多いのです。

近視へ変わる原因は、子供が親と顔かたち・背格好が似るように、眼の形も親に似る「遺伝的要素」と、近くを長く見る作業を続けていてピントを合わせるための筋肉を酷使することによる「環境的要素」が、一般的な近視の原因だと言われています。

正視では眼鏡は不要ですが、幼児期の遠視と就学後の近視では眼鏡をかける意味も違います。

眼球が小さく網膜の後方で焦点が結ばれている【遠視】は、年齢が上がるに連れて遠視の度数も減って行き、正視へと向かいます。時々、年齢が上がっても強い遠視のままで視力が育っていない子がおります。近くも遠くもぼやけているので弱視になるおそれが出てきます。その場合は見る力を育てるための「治療用」として眼鏡を終日装用します。裸眼視力が上がってくれば強い遠視も減ってくるので就学してからは眼鏡が不要になります。

眼軸と言い、眼の奥行きが長くなるのが【近視】です。焦点が網膜よりも手前なので近くは良く見えますが、遠くはぼやけてしまって裸眼視力が良くありません。遠視と違うところは、「近くは良く見える」というところです。この場合、ぼやけている遠くを個々に応じた希望の強さに調整した眼鏡を使っていれば問題ありません。


眼鏡が必要になる目安

眼鏡が必要になる目安は、両眼の視力が0.7以下になった時。
低学年のうちは、黒板の字も大きいので0.4以下を目安にすればいいと思います。日常に支障がなければ授業中だけ眼鏡を使うようにすればいいでしょう。
眼鏡をかけたり外したりすることで近視が進むとか、眼鏡をかけると更に眼が悪くなるということはありません。
DSC_0040
近視が弱い眼と強い眼とでは、眼鏡をかけていない時に、裸眼で見える距離も違います。裸眼でよく見える距離は眼鏡を使わなくても見えるので、近視が弱い眼はお家で机の上で勉強する時などは眼鏡は必要ないです。近視が強くなると顔が机に近付いてしまい、姿勢も悪くなるので眼鏡をかける必要も出てきます。
 
DSC_0040
作成眼鏡
授業の時に使用。
【右眼】sph-1.00D

【左眼】sph-0.75D